いつもあなたのお近くに ゆめショップ you me town Net Shop

株式会社イズミのショッピングサイトへようこそ!
  • 商品検索
トップページ > うなぎ
※ゆめショップでのご予約の場合、承り終了日当日は17時までの受付となります。
※インターネットでの酒類のお取り扱いはございません。

 

 

 

 

土用とは立秋(8月6日or7日or8日)の18日前の期間、丑の日とは十二支の丑のこと。 つまり「土用の丑」とは、土用になって最初の丑の日のことです。 ではなぜこの日にウナギを食べる習慣ができたのでしょう?
いろいろな説がありますが、有名なものをご紹介します。
土用の丑の日は「うのつく食べ物を食べると病気にならない」という説が伝えられており、うどんや梅干し、うりなどがよく食べられていました。 江戸時代、あるうなぎ屋が夏場はうなぎが売れないことを「日本のダヴィンチ」ともいわれる発明家、平賀源内に相談しました。 平賀源内は「本日、土用丑の日、うなぎの日」と店頭に張り紙しました。これが大当たり! 大繁盛するうなぎ屋を真似て他のうなぎ屋にも広まっていったといいます。
暑さが厳しく、夏バテをしやすい時期、ウナギを食べて乗り切りましょう!

 

「うなぎの蒲焼き」は関西と関東で調理方法が違うこと、ご存知ですか?
関東ではうなぎは背開きが基本。江戸では武士が多く、腹開きは切腹をイメージさせるから嫌われたとか。
一方、関西では鰻を腹から開きます。商人の町として栄えてきた大阪では「腹を割って話そう」という意味合いがウナギのさばき方に反映されたそうです。
また、焼き方にも違いがあります。
蒸してから焼く関東風は身も皮もふっくらと柔らかく、さっぱりした焼き上がりに、そのまま串を打って焼く関西風は関東風に比べるとこってりとしており、ふっくらした身と香ばしい皮を楽しむことができます。調理方法が違ってもどっちも美味しい「うなぎ」。東西食べくらべも楽しそうですね。

 

※お届け日の指定・お時間の指定はできません。※先様のご不在等により商品のお届けが遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。※一部離島にはお届けできませんのでご了承ください。
※表示価格は、本体価格(税抜)で表示しております。記載の税込価格は参考価格です。実際のお支額とは異なる場合もございます。
※本カタログに掲載のご予約商品は、レシートスタンプ押印の対象外とさせていただきます。

クレジットカードでのお支払い
となります。
 >>>詳しくはこちらから

※パソコンから印刷した「お客様控え」をお持ちの上、ご来店ください。
※印刷できない場合は「予約伝表番号」をおひかえの上、ご来店ください。
※メールが届かない場合は、ゆめショップカスタマーセンターまでお問い合わせください。

 

 


PAGE TOP

Copyright © IZUMI Co.,Ltd. All rights reserved.